不妊治療

不妊でお悩みの方へ

「不妊治療中だが結果が出ない…」
「体外受精のために体の調子を整えたい」
「『ホルモンバランスが悪い』と言われた」
「流産しやすい…」
「妊娠力をつけたい!」

妊娠の妨げとなる自律神経バランスの崩れや血行不良の改善には、鍼灸で心と体の緊張を緩めることをおすすめいたします。
病院での治療を継続されていても鍼灸治療は可能ですので、どうぞご相談下さい。

治療師 捧 道宏

どうして不妊治療には鍼灸がいいの?

懐妊のために大切なのは、血流の改善です。そして、鍼灸が得意とするのがまさに「血流改善」なのです。

鍼灸による不妊治療は、身体の土台から改善していくことで着床率をアップさせるという考え方です。子宮や卵巣に栄養を運ぶ「血液」は、妊娠しやすい体質をつくる根管になります。

長い間病院にかかっても結果が出ない方や、検査で問題がないのに妊娠しづらい方などは、一度視点を変えて"妊娠しやすい身体づくり"をしてみませんか?当治療室では、30代後半や40代で成果を上げている方が多くいらっしゃいます。

不妊チェックリスト

  • 生理痛が重め
  • 生理周期が長い(短い)
  • 夜になると足がむくむ
  • 流産したことがある
  • 排卵していない
  • 基礎体温が2層で安定していない

当治療室へ不妊治療の相談にいらっしゃる方は、上記の症状をお持ちの場合が多いです。このような方には、鍼灸治療が効果的です。お一人で悩む前に、お気軽にご相談ください。

パラファンゴ

バタグリアは、北イタリアの火口湖の 沿岸に面した町で、温泉の湧く池から採ったファンゴ泥が名前の由来です。
当治療室では、温熱療法で温泉鉱泥ホットパックパラファンゴバタグリアパックを使用しております。このホットパックはミネラルを多く含むファンゴ(泥)と優れた温度保持能力を持った結晶パラフィン(蝋)の混合物です。パラフィンは熱をゆっくりと生体に伝え、発汗をともないながら、長時間心地良い温熱を持続させます。電熱線式ホットパックでは得られない温度曲線で患部をしっとりと温めます。
とても気持ちのよい温熱です。これから、寒い冬を迎えるにあたって、ぜひお試しください。

よくある質問

どのくらいで効果が出ますか?
個人差があります。早くて2ヶ月で結果が出る方もいれば1年かかる方もいますし、残念ながら結果が出ない場合もあります。
病院で治療を受けても妊娠できなかったのですが…
病院での不妊治療が上手くいかなかった方が、当治療室で妊娠しやすい体質づくりを行ったことで懐妊されたという事例もございます。諦めずに、まずはご相談ください。
どれくらいの頻度で通えば良いですか?
基本的には週1、2回ほど診させて頂くことをおすすめしておりますが、患者様のご都合を考慮しながらスケジュールを組みますのでご相談ください。
治療薬を服用していますが並行して施術を受けてもいいですか?
基本的には大丈夫です。念のため、お薬を出してもらっている担当医に確認をとっていただくと間違いがないかもしれません。また、「薬にはなるべく頼りたくない」という思いで来院される方もいらっしゃいます。

メールお問い合わせをする